なぜ、宇都宮で餃子が多く食べられる?

なぜ、宇都宮で餃子が多く食べられる?

宇都宮で多く食べられている餃子。その起源・要因については、中国からの帰還兵の存在、小麦・ニラの産地であるなど、いろいろと言われていますが、改めて考えてみました。


餃子の支出額が大きい宇都宮

 今さら言うわけではありませんが、宇都宮市は餃子の支出額が大きく、「餃子のまち」としても知られています。
 浜松市の支出額が1位となったものの、宇都宮市の支出額が大きいのも事実です。

 ところで、なぜ、宇都宮市で餃子が多く食べられているのでしょうか。



宇都宮餃子

 太平洋戦争で中国からの帰還兵が伝えた、栃木県は小麦・ニラの産地であるなどがその理由とされているようです。


favicon-web宇都宮餃子きりん「餃子の歴史


 ただどうも釈然としない感じもあります。
 中国からの帰還兵がいたということは、食文化を伝えるうえで、非常に重要です。そして宇都宮でもこの部分を欠かすことはできないと思います。ただ、中国からの帰還兵は、日本各地に多くいたはずです。また、餃子は小麦・ニラだけでできているわけではありません。

 どうしても疑問が残り、改めて考えてみました。


「餃子のまち」の起源

 そもそも餃子のまちとして、町おこしが進められたのは、1990年に遡ります。
 町おこしの材料を考えていた市の職員が、家計調査で宇都宮が、餃子の支出額が日本一であることに気づき、始まったとされます。
 その後、観光協会など、他の団体も巻き込みPR。テレビ番組などでも取り上げられたことから、餃子のまちとして、全国に知られるようになりました。


favicon-webマイナビニュース「栃木県宇都宮がギョーザの街になった理由とは?


 ということは、1990年以前から、宇都宮市は餃子の支出額が多かったことが分かります。そしてそれに由来する食文化が1990年以前よりもあったということでしょう。


餃子を家で食べる

 ここで改めて、餃子支出額について考えてみます。
 餃子の支出額については、統計局の家計調査を元にしています。そして、この調査では、調理された持ち帰りの餃子の支出額をベースにしています(この調査では、外食などで食べた餃子は、中華料理などにカウントされてます)。
 つまり、厳密に言えば、宇都宮市や浜松市は、餃子の消費量は多いのですが、外食ではなく、家などで食べた餃子の消費量が多いことを示しています。

 確かに、餃子を家で食べることはありますが、ラーメン屋などでラーメンと一緒に食べるなどといったことも多いと思います。この点で、宇都宮では、餃子をテイクアウトする、餃子を家などで食べるという食習慣が強いということが考えられます。

 そして、宇都宮と同じ餃子の支出額が大きい浜松市の餃子の起源を見ますと、面白いことが分かります。
 浜松市では、戦後、浜松駅のあたりに多くの屋台があり、そこで餃子を買って帰る人が多く、浜松では餃子が広まったとされています。


favicon-web浜松餃子学会「浜松餃子の歴史と特徴


 つまり、餃子をテイクアウトとする、家などで餃子を食べるという食文化が、浜松餃子の起源としては重要な要素であることが分かります。

 ここで、宇都宮餃子に戻ると、宇都宮ではそのような屋台などがあったか分かりません。
 ただ少なくともいえることは、宇都宮餃子の老舗「宇都宮みんみん」「正嗣」などは昭和30年~40年頃には、創業していたことです。


http://www.minmin.co.jp/

餃子 宇都宮みんみん

 すなわち、屋台かどうかわかりませんが、すでにその頃には、餃子をテイクアウトできるような店があったことが分かります。そして、そのようなお店の存在が、宇都宮の餃子の支出額への高さにつながっていることが考えられます。


餃子とラーメンの離縁

 ところで、餃子と言えば、ラーメンなどの一緒に食べられたりと、どうしても副食的な要素が強いと思われます。
 現在では、餃子定食などもありますが、餃子がメインではなく、他の料理と一緒に食べられることが多いのではと思います。

 しかし、上記のように、餃子がテイクアウトなどされると、餃子を単品として食べる機会が増えると考えられます。
 実際、現在でも宇都宮餃子のお店では、餃子しか提供していない店も多くあります。

 すなわち、餃子がテイクアウトなどをされることにより、餃子が他の料理と分離され、餃子だけを食べるという食文化が生まれたのだと思われます。そして当然ながら、餃子だけでお腹を満たそうとすれば、どうしても餃子の消費量は多くなります。


都市のサイズ

 最後に、都市のサイズが丁度、よかったのではないかと思っています。
 戦後、餃子を提供する店は、宇都宮だけに生まれたのではありません。例えば、餃子の元祖の1つとされている神戸の「元祖ぎょうざ苑」は、昭和26年とされています。


favicon-web元祖ぎょうざ苑「ぎょうざ苑の歴史


 しかしこのお店のように、神戸などといった大都市では、なかなか市民の食文化などにはなりにくい面があります。
 当然ながら、人が多ければ、市民に食文化が広がるのは時間がかかったり、伝わりにくい面があります。中華街などのようなところだと、一般的な買い物には適さず、より一層、広まりにくかったことも予想されます。
 また、いろいろな飲食店などもあり、ライバルも多く、その中で市民から餃子が選べるにはたいへんです。

 その点で、宇都宮は小さな都市ではないものの、大都市ではないことから、餃子のテイクアウトなどといった文化が広がりやすかったのではないかと思います。
 逆に、政令指定都市になり始めて分かった浜松市の例のように、県庁所在地ではないような小さな町では、統計自体がとられていないため、そもそも支出額は分かりません。

 こららのことから、都市のサイズとして、宇都宮は新たな食文化である餃子文化が広まりやすく、小さい町ではないので、うまく認知されたということでしょう。


仮説

 以上をまとめると、宇都宮でなぜ餃子が多く食べられているかというと、次のようになるのではと思います。


【仮説】

・中国からの帰還兵がいた
・餃子を提供する店が現われ、餃子をテイクアウトする文化が生まれた
・テイクアウト文化により、単品で多くの餃子を食べるという食文化も生まれた
・都市のサイズが大きすぎず小さすぎず、食文化として根付くには、丁度よかった


 あくまでも、弊サイトの仮説ですが、いかがでしょうか。


【2016年5月23日】


Pocket
LINEで送る




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告