岡山県の出身者・ゆかりのある人物

岡山県の出身者・ゆかりのある人物

岡山県の出身者や岡山県にゆかりのある人物を掲載しています。


岡山県の出身者や岡山県に ゆかりのある人物を掲載しています。
※出身地は現在の市町村などで表しています。


政治家・官僚

名前 出没年 出身地 概要
出身者 和気清麻呂

わけのきよまろ

733年
~799年
和気町 宇佐八幡宮神託事件で左遷されるも、復権し平安京遷都を進言した奈良時代の廷臣
出身者 犬養毅

いぬかい つよし

1855年
~1932年
岡山市 五・一五事件で殺害された内閣総理大臣
出身者 片山潜

かたやま せん

1859年
~1933年
久米南町 明治時代の社会主義者・マルクス主義者
出身者 平沼騏一郎

ひらぬま きいちろう

1867年
~1952年
津山市 大審院長などを務めたなど、第35代内閣総理大臣になった司法官僚・政治家
出身者 山川均

やまかわ ひとし

1880年
~1958年
久米南町 戦前・戦後に社会主義・マルクス主義の理論家として活動した社会運動家・思想家・評論家
出身者 安井誠一郎

やすい せいいちろう

1891年
~1962年
岡山市 東京都長官・東京都知事などを歴任した官僚・政治家
出身者 布施健

ふせ たけし

1912年
~1988年
備前市 検事総長として、ロッキード事件を指揮した検事
出身者 吉永祐介

よしなが ゆうすけ

1932年
~2013年
岡山県 東京地検特捜部で、日通事件、ロッキード事件などの事件を手掛けた検事・弁護士
ゆかり 橋本龍太郎

はしもと りゅうたろう

1937年
~2006年
東京都
渋谷区
消費税増税を行った内閣総理大臣。国会議員として岡山県選出。


武将・武士

名前 出没年 出身地 概要
出身者 児島高徳

こじま たかのり

不明
~不明
倉敷市 南北朝時代に後醍醐天皇に忠義を尽くした武将
出身者 北条早雲

ほうじょう そううん

不明
~1519年
井原市 後北条氏の祖である戦国武将
出身者 宇喜多直家

うきた なおいえ

1529年
~1582年
瀬戸内市 下剋上でのし上がり、備前国を支配した戦国大名
出身者 清水宗治

しみず むねはる

1537年
~1582年
総社市 三村氏・毛利氏に仕え、備中高松城の戦いで自害した戦国武将
出身者 池田光政

いけだ みつまさ

1609年
~1682年
岡山市 江戸時代前期、閑谷学校の開校など、藩政改革を行った岡山藩主
出身者 山田方谷

やまだ ほうこく

1805年
~1877年
高梁市 江戸時代の末期に、松山藩の藩政改革を行った陽明学者・藩士


軍人

名前 出没年 出身地 概要
出身者 宇垣一成

うがき かずしげ

1868年
~1956年
岡山市 陸軍大臣として宇垣軍縮などを行った帝国陸軍軍人
出身者 土肥原賢二

どいはら けんじ

1883年
~1948年
岡山市 満州国建国や華北分離工作などを行い、戦後、A級戦犯として処刑された帝国陸軍軍人
出身者 宇垣纏

うがき まとめ

1890年
~1945年
岡山市 連合艦隊参謀長、第一戦隊司令官、第五航空艦隊長官として、太平洋戦争を戦った帝国海軍軍人
出身者 橋本欣五郎

はしもと きんごろう

1890年
~1957年
岡山市 戦前、桜会を組織し、三月事件・十月事件を計画した帝国陸軍軍人


実業家

名前 出没年 出身地 概要
出身者 野崎武左衛門

のざき ぶざえもん

1789年
~1864年
倉敷市 塩田や新田開発を行った、江戸時代後期の実業家
出身者 大原孝四郎

おおはら こうしろう

1833年
~1910年
岡山県 繊維会社「倉敷紡績所」(現:クラボウ)の初代社長
出身者 阪田久五郎

さかた ひさごろう

1883年
~1961年
井原市 文具メーカー「セーラー万年筆」の創業者
出身者 土光敏夫

どこう としお

1896年
~1988年
岡山県 石川島重工業などの社長を務め、その後、臨時行政調査会長などとして、行政改革を行った実業家
出身者 岡崎嘉平太

おかざき かへいた

1897年
~1989年
吉備中央町 池貝鉄工や丸善石油を再建し、後に全日空社長となった実業家
出身者 相賀武夫

おうが たけお

1897年
~1938年
岡山市 出版社「小学館」の創業者
出身者 中山幸市

なかやま こういち

1900年
~1968年
岡山県 ハウスメーカー「太平住宅」などを創業した実業家


(次ページに続きます)


1 2

Pocket
LINEで送る




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告