東京都の出身者・ゆかりのある学者・研究者

東京都の出身者・ゆかりのある学者・研究者

東京都の出身者や東京都にゆかりのある学者・研究者を掲載しています。


東京都の出身者や東京都に ゆかりのある学者・研究者を掲載しています
※出身地は現在の市町村などで表しています。


名前 出没年 出身地 概要
出身者 青木昆陽

あおき こんよう

1698年
~1769年
中央区 『蕃薯考』を著し、さつまいもの試作などを行い、関東地方などにさつまいもを広めた江戸時代の蘭学者・儒学者
出身者 杉田玄白

すぎた げんぱく

1733年
~1817年
新宿区 『ターヘル・アナトミア』の翻訳書『解体新書』を著した蘭学医
出身者 林子平

はやし しへい

1738年
~1793年
東京都 『三国通覧図説』『海国兵談』などを著し、幕府から処罰を受けた思想家・学者
出身者 海保青陵

かいほ せいりょう

1755年
~1817年
東京都 諸国を回り、経済上の相談や指導を行った江戸時代後期の儒学者・経世家
出身者 新島襄

にいじま じょう

1843年
~1890年
千代田区 同志社大学を設立した教育者
出身者 大槻文彦

おおつき ふみひこ

1847年
~1928年
中央区 日本初の近代的国語辞典『言海』の編纂者として知られる国語学者
ゆかり ラファエル・フォン・ケーベル

らふぁえる・ふぉん・けーべる

1848年
~1923年
ロシア 東京帝国大学で、夏目漱石・和辻哲郎など、近代日本を支える多数の人物を教えた哲学者
出身者 呉文聰

くれ ぶんそう

1851年
~1918年
港区 「国勢調査の生みの親」と言われる統計学者
ゆかり アーネスト・フェノロサ

あーねすと・ふぇのろさ

1853年
~1908年
アメリカ 東京美術学校の設立に携わるなど、日本美術の発展に貢献した美術研究家
出身者 田口卯吉

たぐち うきち

1855年
~1905年
文京区 自由主義経済を唱えた明治時代の経済学者・実業家
出身者 菊池大麓

きくち だいろく

1855年
~1917年
中央区 近代数学を日本に初めてもたらした数学者
出身者 田中義成

たなか よしなり

1860年
~1919年
中央区 日本の中世政治史の骨格を築いた日本史学者
出身者 内村鑑三

うちむら かんぞう

1861年
~1930年
文京区 明治・大正時代に活躍したキリスト教思想家
出身者 上田萬年

うえだ かずとし

1867年
~1937年
中央区 標準語や仮名遣いの統一化に尽力した言語学者・国語学者
出身者 津田梅子

つだ うめこ

1864年
~1929年
新宿区 日本の女子教育の先駆者で、「女子英学塾」(現:津田塾大学)を設立した教育者
出身者 中村春二

なかむら はるじ

1877年
~1924年
東京都 「成蹊学園」を創立した教育者
出身者 大河内正敏

おおこうち まさとし

1878年
~1952年
港区 機械メーカー「理化学興業」(現:リケン)の創業者
出身者 石原純

いしわら あつし

1881年
~1947年
文京区 日本に相対性理論を紹介するなどを行った物理学者
出身者 穂積重遠

ほづみ しげとう

1883年
~1951年
東京都 「日本家族法の父」と言われる法学者
出身者 武田久吉

たけだ ひさよし

1883年
~1972年
東京都 尾瀬の保護に努めた植物学者
出身者 田辺尚雄

たなべ ひさお

1883年
~1984年
東京都 日本・東洋音楽の研究を行った音楽学者


(次ページに続きます)


1 2

Pocket
LINEで送る





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA