徳島県の出身者・ゆかりのある人物

徳島県の出身者・ゆかりのある人物

徳島県の出身者や徳島県にゆかりのある人物を掲載しています。


徳島県の出身者や徳島県に ゆかりのある人物を掲載しています。
※出身地は現在の市町村などで表しています。


政治家・官僚

名前 出没年 出身地 概要
出身者 芳川顕正

よしかわ あきまさ

1842年
~1920年
吉野川市 明治時代に東京府知事・文部大臣・司法大臣・内務大臣など、数々の役職に就いた政治家・官僚
出身者 井内恭太郎

いうち きょうたろう

1854年
~1934年
阿波市 明治時代に、麻名用水・板名用水を建設した官僚・役人
出身者 中川虎之助

なかがわ とらのすけ

1859年
~1926年
上板町 製糖業を営み、糖業振興に尽力したことから「砂糖代議士」とも呼ばれ、鳴門架橋や潮流発電などを建議した衆議院議員・実業家
出身者 三木武夫

みき たけお

1907年
~1988年
阿波市 第66代内閣総理大臣となった昭和の政治家
出身者 後藤田正晴

ごとうだ まさはる

1914年
~2005年
吉野川市 警察庁長官、内閣官房長官、副総理などを歴任し、「カミソリ後藤田」と呼ばれた政治家・官僚


武将・武士

名前 出没年 出身地 概要
出身者 三好長慶

みよし ながよし

1522年
~1564年
三好市 戦国時代に畿内・阿波国を支配した戦国大名
ゆかり 蜂須賀家政

はちすか いえまさ

1558年
~1639年
愛知県
江南市
戦国時代の武将・大名で蜂須賀正勝の子で、徳島藩の祖
出身者 板東十郎兵衛

ばんどう じゅうろうべえ

1646年
~1698年
徳島市 人形浄瑠璃「傾城阿波の鳴門」の阿波十郎兵衛のモデルとなった徳島藩士


軍人

名前 出没年 出身地 概要
ゆかり 松江豊寿

まつえ とよひさ

1872年
~1956年
福島県会津若松市 第一次世界大戦中に板東俘虜収容所(現:鳴門市)の所長として、ドイツ人俘虜を人道的に扱った帝国陸軍軍人
出身者 酒巻和男

さかまき かずお

1918年
~1999年
阿波市 真珠湾攻撃で捕えられ、日本人最初の捕虜となった帝国海軍軍人


実業家

名前 出没年 出身地 概要
出身者 久次米兵次郎

くじめ ひょうじろう

1829年
~1913年
徳島市 藍商人であり、久次米銀行を設立した実業家
出身者 近藤廉平

こんどう れんぺい

1848年
~1921年
吉野川市 三菱財閥の発展の貢献し、荘田平五郎・豊川良平・末延道成と合わせ、三菱四天王と呼ばれた財界人
出身者 久保兵太郎

くぼ へいたろう

1864年
~1933年
神山町 北海道にわたり、江刺レンガの礎を築いた実業家
出身者 村崎サイ

むらさき さい

1864年
~1945年
徳島県 徳島文理大学などを経営する村崎学園の創立者・教育者
出身者 大塚武三郎

おおつか ぶさぶろう

1891年
~1970年
鳴門市 製薬会社・大塚製薬の創業者
出身者 小川信雄

おがわ のぶお

1907年
~2002年
阿南市 化学メーカー・日亜化学工業の創業者
出身者 田中殖一

たなか ふいち

1912年
~2008年
徳島県 食品メーカー・徳島製粉の創業者
出身者 浦上郁夫

うらがみ いくお

1937年
~1985年
徳島県 食品メーカー・ハウス食品の創業者


学者・研究者

名前 出没年 出身地 概要
出身者 長井長義

ながい ながよし

1845年
~1929年
徳島市 エフェドリンを発見し、日本薬学の始祖とされる薬学者
出身者 鳥居龍蔵

とりい りゅうぞう

1870年
~1953年
徳島市 日本を始め、世界各地のフィールドワークを行った人類学者・民族学者
出身者 喜田貞吉

きだ さだきち

1871年
~1939年
小松島市 法隆寺再建論を主張したり、被差別部落研究なども行った歴史学者
出身者 鳥養利三郎

とりがい りさぶろう

1887年
~1976年
徳島県 日本の電気工学界の重鎮で、数多くの有益な研究を行った工学者


(次ページに続きます)


1 2

Pocket
LINEで送る




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告