石川達三

石川達三

小説家・石川達三に関する本などを掲載しています。


出身地秋田県

いしかわ たつぞう
明治38年(1905年)~昭和60年(1985年)
秋田県平鹿郡横手町(秋田県横手市)生まれ。
小説家で『蒼氓』で第1回芥川賞を受賞。また、『生きている兵隊』では発禁処分を受ける。


著作

favicon-book石川 達三『蒼氓 (新潮文庫)

favicon-book石川 達三『生きている兵隊 (中公文庫)

favicon-book石川 達三『青春の蹉跌 (新潮文庫)


文献

favicon-book河原 理子『戦争と検閲――石川達三を読み直す (岩波新書)

favicon-book

神子島 健『戦場へ征く、戦場から還る―火野葦平、石川達三、榊山潤の描いた兵士たち


favicon-memo

他の秋田県の出身者・ゆかりのある人物は「秋田県の人物」を参照してください。



Pocket
LINEで送る


アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告