島義勇

島義勇

「北海道開拓の父」と呼ばれる、島義勇に関する本などを掲載しています。


出身地佐賀県< ゆかり北海道

しま よしたけ
文政5年(1822年)~明治7年(1874年)
肥前国佐賀藩(佐賀県佐賀市)生まれ。
佐賀藩士で、札幌の都市整備を行い、「北海道開拓の父」と呼ばれる。


著作

favicon-book島 義勇『奥州并函館・松前行日記


文献

favicon-book榎本 洋介『島義勇 (佐賀偉人伝)

favicon-book幸前 伸『史説開拓判官島義勇伝


小説

favicon-book重森 直樹『小説島義勇―サッポロを創った男


マンガ

favicon-bookエアーダイブ『島義勇伝




favicon-memo

他の佐賀県・北海道の出身者・ゆかりのある人物は「佐賀県」「北海道」を参照してください。



Pocket
LINEで送る


アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告