大分県の出身者・ゆかりのある人物

大分県の出身者・ゆかりのある人物

大分県出身や大分県に関係した人物の本や商品などを掲載しています。


大分県の出身者や大分県に ゆかりのある人物を掲載しています。
※出身地は現在の市町村などで表しています。


政治家・官僚

名前 出没年 出身地 概要
出身者 大井憲太郎

おおい けんたろう

1843年
~1922年
宇佐市 明治時代に大阪事件を起こした政治家・社会運動家
出身者 山本達雄

やまもと たつお

1856年
~1947年
臼杵市 日銀総裁・大蔵大臣・農商務大臣・内務大臣などを務めた政治家・銀行家
出身者 井上準之助

いのうえ じゅんのすけ

1869年
~1932年
日田市 濱口内閣の蔵相として、金解禁を行った政治家
出身者 重光葵

しげみつ まもる

1887年
~1957年
豊後大野市 戦前・戦後と何度も外務大臣を務めた外交官・政治家
出身者 一万田尚登

いちまた ひさと

1893年
~1984年
大分市 「法王」と呼ばれ、戦後の金融・経済に大きな影響をもった日銀総裁・政治家
ゆかり 三重野康

みえの やすし

1924年
~2012年
東京都 バブル経済を崩壊させたと言われる日本銀行総裁。わずかであるが中学時代に大分で過ごす。
出身者 平松守彦

ひらまつ もりひこ

1924年
~2016年
大分市 大分県知事として「一村一品運動」を提唱した政治家・官僚


武将・武士

名前 出没年 出身地 概要
出身者 立花道雪
(戸次鑑連)

たちばな どうせつ

1513年
~1585年
豊後高田市 大友家に仕え、大友家の三宿老に数えられた、戦国時代の猛将
出身者 大友宗麟

おおとも そうりん

1530年
~1587年
大分市 戦国時代に北九州東部を支配したキリシタン大名
出身者 立花宗茂

たちばな むねしげ

1567年
~1643年
豊後高田市 関ケ原の戦で西軍に加わり敗れ、改易となるが、その後、旧領を回復した名将・大名
ゆかり 黒田官兵衛

くろだ かんべい

1546年
~1604年
兵庫県姫路市 豊臣秀吉の参謀として活躍した、戦国時代の武将・大名。豊臣秀吉が九州を平定後、中津城主となる。


軍人

名前 出没年 出身地 概要
出身者 広瀬武夫

ひろせ たけお

1868年
~1904年
竹田市 日露戦争で戦死し、戦前「軍神」と崇められた帝国海軍軍人
出身者 南次郎

みなみ じろう

1874年
~1955年
豊後高田市 陸軍大臣・関東軍司令官・朝鮮総督などを務めた帝国陸軍軍人
出身者 梅津美治郎

うめづ よしじろう

1882年
~1949年
中津市 太平洋戦争において参謀総長であった帝国陸軍軍人
出身者 豊田副武

とよだ そえむ

1885年
~1957年
杵築市 連合艦隊司令長官・軍令部総長などを務めた帝国海軍軍人


実業家

名前 出没年 出身地 概要
出身者 大賀宗九

おおが そうく

1561年
~1630年
中津市 「博多の三傑」の1人であり、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した博多商人
出身者 荘田平五郎

しょうだ へいごろう

1847年
~1922年
臼杵市 三菱財閥の発展の貢献し、豊川良平・近藤廉平・末延道成と合わせ、三菱四天王と呼ばれた財界人
出身者 和田豊治

わだ とよじ

1861年
~1924年
中津市 数多くの企業の設立に携わった明治・大正時代の財界人
ゆかり 油屋熊八

あぶらや くまはち

1863年
~1935年
愛媛県
宇和島市
別府観光に尽力し「別府観光の父」とも呼ばれた実業家
出身者 中上川彦次郎

なかみがわ ひこじろう

1854年
~1901年
中津市 三井財閥の再建を図り、「三井中興の祖」と言われる実業家
出身者 石川武美

いしかわ たけよし

1887年
~1961年
大分県 出版社「主婦の友社」の創業者
出身者 御手洗毅

みたらい たけし

1901年
~1984年
佐伯市 電気機器メーカー「キャノン」の創業者


(次ページに続きます)


1 2

Pocket
LINEで送る




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告