長野県の出身者・ゆかりのある人物

長野県の出身者・ゆかりのある人物

長野県の出身者や長野県にゆかりのある人物を掲載しています。


長野県の出身者や長野県に ゆかりのある人物を掲載しています。
※出身地は現在の市町村などで表しています。


政治家・官僚

名前 出没年 出身地 概要
出身者 市川量造

いちかわ りょうぞう

1844年
~1908年
松本市 競売にかけられた松本城を買い戻した県議会議員
出身者 中村弥六

なかむら やろく

1855年
~1929年
伊那市 森林関連法案の整備に携わり、布引丸事件に関与したとされる、戦前の政治家・官僚
出身者 川島浪速

かわしま なにわ

1866年
~1949年
松本市 川島芳子の養父で、中国で満蒙独立運動を行った政治運動家
ゆかり 羽田孜

はた つとむ

1935年
~2017年
東京都
大田区
第80代内閣総理大臣に就任した政治家。青少年期を長野で過ごすと共に、選挙区が長野


武将・武士

名前 出没年 出身地 概要
ゆかり 木曾義仲(源義仲)

きそ よしなか

1154年
~1184年
埼玉県
嵐山町
以仁王の平氏打倒の令旨により挙兵した平安時代末期の武将。長野で育つ。
出身者 村上義清

むらかみ よしきよ

1501年
~1573年
坂城町 信濃北部を支配し、武田信玄を2度撃退した戦国武将
出身者 諏訪頼重

すわ よりしげ

1516年
~1542年
長野県 上原城城主で、武田信玄に滅ぼされた戦国武将
ゆかり 仙石秀久

せんごく ひでひさ

1552年
~1614年
岐阜県
坂祝町
豊臣秀吉の古くからの家臣であるが改易され、その後に許され小諸藩主となった武将・大名
出身者 真田昌幸

さなだ まさゆき

不明
~1611年
長野県 武田家家臣時代には「信玄の眼」とも言われ、その後、上田合戦で徳川軍を撃退した戦国武将
出身者 真田信之

さなだ のぶゆき

1566年
~1658年
長野県 真田昌幸の長男で、初代・上田藩・松代藩主
出身者 真田幸村
(真田信繁)

さなだ ゆきむら

1567年
~1615年
長野県 真田昌幸の次男で、大坂の陣で活躍した武将
ゆかり 保科正之

ほしな まさゆき

1611年
~1673年
東京都 高遠藩主・山形藩主・会津藩主を務め、名君と称えられる、江戸時代の大名
出身者 恩田木工

おんだ もく

1717年
~1762年
松代市 藩主・真田幸弘のもと、質素倹約の励行、贈収賄の禁止などの藩政改革を行った松代藩士
ゆかり 真田幸貫

さなだ ゆきつら

1791年
~1852年
東京都 江戸時代後期に様々な改革を行った松代藩主


軍人

名前 出没年 出身地 概要
出身者 福島安正

ふくしま やすまさ

1852年
~1919年
松本市 情報収集に力を発揮した、明治・大正時代の帝国陸軍軍人
出身者 山田乙三

やまだ おとぞう

1881年
~1965年
長野県 ソ連の対日参戦に直面し、関東軍総司令官としてソ連に降伏した帝国陸軍軍人
出身者 水城圭次

みずしろ けいじ

1883年
~1927年
松本市 艦艇の衝突事故である美保関事件で自決した帝国海軍軍人
出身者 永田鉄山

ながた てつざん

1884年
~1935年
諏訪市 統制派の一人であり、皇道派・統制派の対立の中、相沢事件により殺害された帝国陸軍軍人
出身者 栗林忠道

くりばやし ただみち

1891年
~1945年
松代市 第109師団長として、硫黄島の戦いを指揮した帝国陸軍軍人


(次ページに続きます)


1 2 3

Pocket
LINEで送る




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告