スポンサーリンク

特別用途車の生産額の都道府県ランキング(令和2年)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 令和2年(2020年)における、都道府県別の特別用途車(消防車・救急車・パトカーなど)の生産額(出荷額)とその割合を掲載しています。
 ※合わせて、出荷量も掲載しています。

【トップ3】
栃木県242.1億円
広島県163.8億円
北海道110.8億円

全国計1,580.0億円

 全国計は1,580.0億円ですが、トップは栃木県の242.1億円で、シェアでは15.3%となっています。

 2位は広島県で10.4%、3位は北海道で7.0%のシェアとなっています。

番号都道府県出荷量出荷額割合順位
1北海道554台110.8億円7.03
2青森県
3岩手県
4宮城県
5秋田県
6山形県
7福島県
8茨城県
9栃木県6,374台242.1億円15.31
10群馬県
11埼玉県
12千葉県
13東京都
14神奈川県
15新潟県65台33.6億円2.14
16富山県
17石川県
18福井県
19山梨県
20長野県121台4.3億円0.35
21岐阜県
22静岡県
23愛知県
24三重県
25滋賀県
26京都府
27大阪府
28兵庫県
29奈良県
30和歌山県
31鳥取県
32島根県
33岡山県
34広島県2,957台163.8億円10.42
35山口県
36徳島県
37香川県
38愛媛県
39高知県
40福岡県
41佐賀県
42長崎県
43熊本県
44大分県
45宮崎県
46鹿児島県
47沖縄県
----特別用途車の生産額令和元年

(※)表の矢印をクリックすると、並び替えができます。
(※)総務省統計局「経済センサス」から作成
(※)従業者数4人以上の事業所のデータです

(※)データが非公表の都道府県は「X」、事実不詳の都道府県などは「-」となっています。


 他の品目は「生産量の都道府県ランキング一覧」を参照してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました