スポンサーリンク

横浜18区の人口ランキング(令和2年)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 令和2年(2020年)における、横浜市18区の人口や増加率・割合を掲載しています(1月1日現在)。

【トップ3】
港北区353,620人
青葉区310,387人
鶴見区292,975人

18区計3,749,929人

 横浜18区計は3,749,929人ですが、トップは、港北区で353,620人となっています。

 逆に、最下位は西区で、103,985人と、トップの港北区に比べ、3分の1程度となっています。

番号人口上昇率割合順位
1鶴見区292,975人0.67.83
2神奈川区245,036人0.76.56
3西区103,985人1.52.818
4中区149,910人0.54.015
5南区195,482人0.15.211
6港南区213,751人-0.15.77
7保土ケ谷区205,939人0.25.59
8旭区245,127人-0.26.55
9磯子区166,347人-0.24.413
10金沢区198,054人-0.55.310
11港北区353,620人0.69.41
12緑区182,495人0.54.912
13青葉区310,387人0.28.32
14都筑区212,642人0.55.78
15戸塚区280,733人0.57.54
16栄区119,612人-0.43.217
17泉区151,830人-0.34.014
18瀬谷区122,004人-0.53.316
令和3年横浜18区の人口平成31年

(※)表の矢印をクリックすると、並び替えができます。
(※)横浜市「毎月(最新)の人口」から作成

 区に関する他のテーマは「区のランキング一覧」を参照してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました