鹿児島県の出身者・ゆかりのある人物

鹿児島県の出身者・ゆかりのある人物

鹿児島県の出身者や鹿児島県にゆかりのある人物を掲載しています。


鹿児島県の出身者や鹿児島県に ゆかりのある人物を掲載しています。
※出身地は現在の市町村などで表しています。


政治家・官僚

名前 出没年 出身地 概要
出身者 西郷隆盛

さいごう たかもり

1828年
~1877年
鹿児島市 薩長同盟や江戸城無血開城などを成し遂げ、明治維新を成功させた薩摩藩士・政治家
出身者 大久保利通

おおくぼ としみち

1830年
~1878年
鹿児島市 薩摩藩士として明治維新を成功させると共に、明治政府では内務卿として大きな実権を握り、様々な改革を行った政治家
出身者 寺島宗則

てらしま むねのり

1832年
~1893年
阿久根市 明治時代初期に関税自主権の回復などの条約改正に尽力した政治家
出身者 川路利良

かわじ としよし

1834年
~1879年
鹿児島市 初代・大警視(現:警視総監)として、日本に近代警察制度を導入した官僚・帝国陸軍軍人
出身者 三島通庸

みしま みちつね

1835年
~1888年
鹿児島県 「土木県令」と呼ばれ、県令(現:県知事)として土木工事を進めた内務官僚
出身者 松方正義

まつかた まさよし

1835年
~1924年
鹿児島市 明治新政府で、日本銀行設立や金本位制の確立などを行った政治家
出身者 黒田清隆

くろだ きよたか

1840年
~1900年
鹿児島市 幕末には薩摩藩士として明治維新に奔走し、明治政府では内閣総理大臣になった政治家
出身者 村橋久成

むらはし ひさなり

1842年
~1892年
鹿児島県 「開拓使麦酒醸造所」(現:サッポロビール)を北海道に作らせるなど、北海道の開拓に携わった開拓使官吏
出身者 西郷従道

さいごう つぐみち

1843年
~1902年
鹿児島市 西郷隆盛の弟で、維新後の明治政府で、内務大臣や海軍大臣などを務めた政治家
出身者 吉原重俊

よしはら しげとし

1845年
~1887年
鹿児島市 初代日本銀行総裁となった幕末・明治時代の官僚・薩摩藩士
出身者 森有礼

もり ありのり

1847年
~1889年
鹿児島市 初代文部大臣として、新明治政府下で、教育改革を行った政治家
ゆかり 加納久宜

かのう ひさよし

1848年
~1919年
東京都 「日本農政の父」とも言われる政治家。鹿児島県知事として鹿児島の発展に貢献する
出身者 折田彦市

おりた ひこいち

1849年
~1920年
鹿児島市 旧制第三高等学校の初代校長となった官僚・教育者。毎年いたずらされる京都大学の銅像としても知られる
出身者 前田正名

まえだ まさな

1850年
~1921年
鹿児島県 農商務官僚や県知事として、明治時代の殖産興業を推進した官僚・実業家
出身者 山本権兵衛

やまもと ごんべい

1852年
~1933年
鹿児島市 大正時代に2度、内閣総理大臣となった政治家・帝国海軍軍人
出身者 牧野伸顕

まきの のぶあき

1861年
~1949年
鹿児島市 大久保利通の次男で、戦前に文部大臣・外務大臣などを務めた政治家
出身者 東郷茂徳

とうごう しげのり

1882年
~1950年
日置市 外相として、太平洋戦争の開戦と終戦に携わった外交官・政治家
ゆかり 迫水久常

さこみず ひさつね

1902年
~1977年
東京都 終戦時の玉音放送を起草した官僚・政治家。戦後、鹿児島選出の衆議院議員となる
出身者 小泉純也

こいずみ じゅんや

1904年
~1969年
南さつま市 小泉純一郎の父で、防衛庁長官などを務めた政治家
出身者 小里貞利

おざと さだとし

1930年
~2016年
霧島市 整備新幹線計画に関わり「ミスター新幹線」とも呼ばれるとともに、阪神・淡路大震災にあたっては震災対策担当大臣として復興支援にあたった政治家


武将・武士

名前 出没年 出身地 概要
出身者 島津義久

しまづ よしひさ

1533年
~1611年
日置市 九州地方のほとんどを領地とし、島津氏の最盛期を築き上げた戦国大名
出身者 島津重豪

しまづ しげひで

1745年
~1883年
鹿児島県 造士館や天文館の設立を行うなど、文化・開化政策を行った薩摩藩主
出身者 調所広郷

ずしょ ひろさと

1776年
~1849年
鹿児島市 江戸時代後期に薩摩藩の財政再建を行った家老
ゆかり 島津斉彬

しまづ なりあきら

1809年
~1858年
東京都 幕末に公武合体を推進した薩摩藩主
出身者 島津久光

しまづ ひさみつ

1817年
~1887年
鹿児島市 幕末に薩摩藩を雄藩にした名藩主
出身者 小松帯刀

こまつ たてわき

1835年
~1870年
鹿児島市 幕末期に薩摩藩の藩政改革などを行った藩士・家老


軍人

名前 出没年 出身地 概要
出身者 永山武四郎

ながやま たけしろう

1837年
~1904年
鹿児島市 北海道の屯田兵の創設に携わった帝国陸軍軍人
出身者 樺山資紀

かばやす すけのり

1837年
~1922年
鹿児島市 初代台湾総督となった帝国軍人・政治家
出身者 大山巌

おおやま いわお

1842年
~1916年
鹿児島市 日清戦争では第2軍司令官として、日露戦争では満州軍総司令官として、日本の勝利に貢献した帝国陸軍軍人
出身者 黒木為楨

くろき ためもと

1844年
~1923年
鹿児島市 第1軍司令官として日露戦争で戦い、勝利を収めた帝国陸軍軍人
出身者 東郷平八郎

とうごう へいはちろう

1848年
~1934年
鹿児島市 日露戦争の日本海海戦で日本を勝利に導いた帝国海軍軍人
出身者 伊集院五郎

いじゅういん ごろう

1852年
~1921年
鹿児島県 伊集院信管を開発するとともに、第二艦隊・第一艦隊の司令長官などを歴任した帝国海軍軍人
ゆかり 牛島満

うしじま みつる

1887年
~1945年
東京都 第32司令官として沖縄戦を指揮した帝国陸軍軍人。生まれは東京であるが、母親の郷里である鹿児島で少年期を過ごす
出身者 神重徳

かみ しげのり

1900年
~1945年
出水市 海軍の辻政信とも呼ばれた帝国海軍軍人
出身者 小園安名

こぞの やすな

1902年
~1960年
南さつま市 終戦時、厚木航空隊事件を起こした帝国海軍軍人


(次ページに続きます)


1 2

Pocket
LINEで送る




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告